tepapepe’s blog ~地球散歩~

6年間のホテルマン人生の先に何があるんだろうか

17ヶ国目 ポーランド~地球散歩~

バスで安けりゃ片道1,000円もかからずに隣国に遊びに行けるなんてすごいよねぇ。

 


そんなもんだからせっかくだし日帰りでベルリンからポーランドへ足を伸ばす。

 


どうせなら負の遺産続きで、最も残忍な大量虐殺が行われた場所の一つ、アウシュビッツ強制収容所見に行ったろかなと考えたけど遠かったので今回は見送り。

 

 

 

 

 

バルト海近くの街、シュチェチンを散歩。
国境近くというだけあって街並みはドイツとさほど変わらない。

f:id:tepapepe:20170913163436j:image

f:id:tepapepe:20170913164124j:image

どんな名前だっけか、父さんに確認。

カササギと判明。俺が生まれた佐賀県の県鳥らしい。ご縁を元に姉妹都市に勝手に認定。

 

この街の目玉の教会から、この街を見下ろす。
あはーーーまぁまぁキレイねーーー

 f:id:tepapepe:20170913163446j:image

もはや目が脳が腐ってしまったのか。

慣れは怖い。

 

 

 

 

 

 

ドイツより物価が安いので買い物しに来るドイツ人が多いんだとか。そのせいか大きなショッピングモールは割と賑わってた。

 f:id:tepapepe:20170913163531j:image

不用意に店に入ると長年抑えている物欲が沸々と煮え立ち始める。温度が上がる前に早めに退散。

 

 

 

 

 

無くなりかけてる日用品を補充し、街の見どころを歩き終え、帰りのバスまで残り1時間弱、ポーランドの現金残り数百円。

 

 

 

 

 

目の前に突如現る、日本食料理屋。


頼んだものは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tepapepe:20170913163549j:image
うまかった……………

どうやらまだ舌は腐ってないみたい

 

 

 

 

 

バスの時間が迫っててよかった。
危うくクレジットカードを使ってしまうところだった。

16ヶ国目 ドイツ~地球散歩~

街はダーティーだしクラウデッドだし人はクレイジーなのよー
トニーは言う。

 

 

たしかにバスから降り立った瞬間の第一印象は「あれ、なんか汚い」だった。ウィーンやプラハなどの美しい街々を抜けてからのギャップに少し戸惑う。

 

 

 

 

ドイツの首都、ベルリン。

 

 

 

ドイツ内の他の街と比べて観光地ってイメージじゃたしかにないから街の景観や美化にはあまり力を入れてないんだろうな、と感じる。川沿いには日中から酒飲みが集まり、集団の若者たちは所構わず常に酒瓶を片手にしている。

 f:id:tepapepe:20170913160905j:image

 f:id:tepapepe:20170913160910j:image

 

つっても綺麗で素敵なところもいっぱいあんだけどね。

 

 

 

 

 

幼稚園からの幼馴染み、ゆっきー、ゆきチャン、おゆき。(未だに呼び方が定まってない)

 


ドイツに以前長いこと居た彼女の、ベルリン在住の友達クリスのシェアルームに1週間もお邪魔させてもらった。そのルームメイトがトニー。もうひとりがユラ。

 

 

 

ただ肝心のクリスが旅行に出ていて全く会えず。そこからなのか怒涛のバッドタイミング打線猛打賞。

 

 

ウズベキスタンで仲良くなったコンラッド、旅行行くっつって会えず。
トニーがこいつヒマだろうと紹介してくれたドイツ人、ヒマじゃなかった。
おゆきが紹介してくれた仲良しカップル、旅行行くっつって会えず。
セブで仲良くなったえこさんの知り合い田中さん、時間作ってくれたにも関わらずこっちが合わせられず。
トニーとユラにダンスに誘われるも2人の仕事の関係で流れる。
トニーとユラにクラブに誘われるもその直前にpub crawlってゆう、バー行ってバー行ってクラブ行くってゆうハシゴイベントに申し込んでしまい合わず。
モンゴルのゴビ砂漠ツアーで仲良くなったヨナスとは予定合わず。

 

 

   

 

 

まぁこうゆう負のスパイラルもあるよね。

 

 

 

このスパイラルに沿って、ベルリンの壁をとことん見に行きポツダムを訪れる歴史を振り返り世界大戦を想起せずにはいられません世界平和を望まずにはいられません単独ツアーを敢行。

 

 

 

 

 

イーストサイドギャラリー

f:id:tepapepe:20170913160958j:image

f:id:tepapepe:20170913161006j:image

f:id:tepapepe:20170913161021j:image
悲劇を嘆くもの、希望に満ちたもの、わけのわからないもの、今もなお残されているベルリンの壁の一部にこうして色々なメッセージを込めた絵が描かれている。だいたいアートなんつうものはどんなメッセージが込められてるかなんて受け手次第で千差万別でいいよね。感想それぞれ全部正解。だからアーティストはありのままを貫けばよい!


まったくアートは人生と一緒だな!

 

一方でギャラリーの壁の裏側には理不尽な悲劇を強いられた庶民のエピソードがひっそりと記してあった。

 

 

 

 

 

 


オープンエアミュージアム

 f:id:tepapepe:20170913161038j:image

 


同じように世界大戦を想起せずにはいられません世界平和を望まずにはいられませんツアーを敢行したい人が訪れるべきはこちら。
世界大戦時の資料や写真が、当時のままの冷たい壁に沿って展示されている。
ギャラリーと違い、写真を撮る人は全然いない。

 

 

 


重い空気が流れていると感じるのは曇り空だからだろうか。もしカンカン照りだったら違うように感じるのだろうか。

 

 

 

 

 

これは虐殺されたユダヤ人の記念碑

大小無数の石碑が整列されている。

f:id:tepapepe:20170913161341j:image

 

 

 

 

 

 

 

 


ベルリンから電車で2時間。ポツダムは住みやすそうな穏やかな街だった。
サンスーシ宮殿は壮大で広大な庭は人々の憩いの場となっている。
日本に終止符を打つべくポツダム宣言を考案した場所とは到底思えない。
何十年も経ってるしそりゃそうか。

f:id:tepapepe:20170913161400j:image

f:id:tepapepe:20170913161413j:image

痛そう

 

 

 


正直世界大戦の流れとか歴史をほとんど忘れてたのでポツダムの地でおさらいした。ドイツ目線で色々知れるからそれは興味深かった。

 


おさらいして思ったけど結構日本もいろいろ噛みついてガンガンやってたよねーー

 

 

 

 

 

 

自国の利益を暴力で追求する時代はおしまい。
いま特に北朝鮮がキャンキャンやってるけど戦争、アカン。仲良くしなさい、以上!

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁそんな暗い印象が否めないドイツだけど、ドレスデンというお洒落な街で、モンゴルで出会ったヨハスには会えなかったけど一緒に出会ったベロニカとモリッツと再会!自分が抜けた後のモンゴルツアーの話!自分の旅の話!ビール!肉!じゃがいも!………最高。よかったタイミング合って。感謝。日本に来た時はもてなしてやりたいな。

 f:id:tepapepe:20170913161504j:image

 

 

 

 


たくさんアシストしてくれたおゆきに感謝。ほんとありがとう。
彼女を知っている日本の皆様、ぜひ一杯おごったってください。

15ヶ国目 チェコ~地球散歩~

goproのバッテリーがひとつなぜか充電できなくなったり
iPhoneの予備バッテリーがなぜか充電できなくなったり
iPhoneの電池消耗がやけに早くなったり
帰りのバスのオンライン予約が何度やってもエラーになって日帰りで寄った街から帰れなくなりそうになったり

 

 

 


いろいろ細々と積もるストレスが、でも流れ落ちる景色がチェコにはあった。

f:id:tepapepe:20170905234040j:image

f:id:tepapepe:20170905234612j:image

 


プラハの街並みは夜景よりも青空と雲が似合う。曇多めだったけど。

 

 

 

 

 

 


チェコといえばのビールビールビール。
そりゃあもうね、麦の違いをまず感じるよね。違うよね。芳醇だよね。くまなく。くまなく芳醇。あとはあれよ、キレね。鋭かったね。えらい角度からズバッときてたね。ありゃ止めらんないよ。

 f:id:tepapepe:20170905234334j:image

f:id:tepapepe:20170905234359j:image 

うまかったのか拍子抜けなのかわかんないでしょ。ただうまかったー!て言うより興味沸くでしょ。

 

そうでもないね。それ以前に写真がビール主役じゃないしね。

 

 

 

 

みんなで漕ぎながら飲む楽しそうなやつ見かけた。乗りたかったなぁぁ失敗したー

 f:id:tepapepe:20170905234833j:image



 

 

 

 

 

 

 

 

"快適" と "旅感" は反比例なんだろか

次の国に入る前に必ず挨拶とか「いくら?」とか「アイラブユー」とかその国の言葉での言い方を調べるんだけどこのところどんどん使う機会が減ってる。世界共通語ってすごい便利と思う反面どこか物足りなさも感じる。そもそも店員とぐらいしか地元民と接する機会がなくなってしまった。

 

 

 

 

どこにでもあるWi-Fi、整備された観光地、通じる言葉、美しい街並み、おいしい料理、えらい角度からくる止められないアレ。

 

 

 

 

 

 

シティーよりネイチャーが好きだ。

街行くごとに魅了されてるけど、何か新しいチャレンジがしたい。

 

 

まったくなんてゼータクな話だかほんと。ヨーロッパのど真中で。
ないものをすぐねだろうとする卑しい部分ほんとなんとかならんものか。

 

 

 

 

 

しかし思うに自分はまだまだ受動的だ。


今までの忘れられない体験は、助けられたり、もてなされたり、誰かから提供されているものが多い。能動的な誰かは、たとえシティーでも面白いことにチャレンジしたり刺激的な1日を送っているのだろう。そういう人に人は惹かれついて行くんだろう。

 

 

 

 

 

人を魅了する人に、旅を経てなれたらいいな。

 


素敵ヨーロッパを早々抜けるもよし!掘り下げるもよし!
とにかく、人生クールよりフールだ!信じればsunnyだ!

14ヶ国目 オーストリア~地球散歩~

いやーー日本代表勝ったねやったねおめでとーー!!!

 

 

 

 

オーストラリア戦をオーストリアのウィーンで応援した結果日本がwinしたー!!

 

 

 

 

 

 

 


そう、

 

 

 

 


実は導かれていたのです。


なんつて。

 

 

 

 

これでロシアW杯が決まったかーく〜〜よかったよかった。母国のいないW杯なんてなんか気分盛り上がらないしねー。まー今んとこその時自分がどこにいるか応援できるかわからないけれども。

 

 

オーストリアの昼過ぎにアジア最終予選なんてゆうマイナーな試合をいったいどこで見れるのでしょうかと。LIVE観戦はあきらめ、そしてTwitterをはじめてあんなフル活用しました。2ちゃんとかニコ動とかよくわからなかったし、TV観戦してる皆さんのつぶやきをリアルタイムで追って応援してました。

 

 

 

もうねオーストリアのダイジェストはほぼ、それ。 

 

 

 

f:id:tepapepe:20170903063617j:image

f:id:tepapepe:20170903063623j:image
ウィーン国立歌劇場でのオペラはサマーシーズンによりやってなかった。残念。
荘厳な建築物は、圧巻。
せっかくだから観てみたかったな。

f:id:tepapepe:20170903062612j:image

 

 

オーストリア、ウィーン。街中が音楽に溢れて……ってほどではなかったけど、ストリートミュージシャンがちらほら各々の音色を奏でていた。宿からハーモニカを持参してくるのを忘れたことに気付く。隙あらばセッションしちゃうぜ、なんて浅はかな思い付きは一瞬で消え失せる。

 

 

 

 


それもそのはず。頭の中は日本代表の勝利でルンルンだったのだから。

 

 

 

 

f:id:tepapepe:20170903062825j:image

さぁ日本の女性たちよ君らはどうする。

 

 

 


9月か〜だんだん肌寒くなってきたなぁー
ハンガリースロバキアオーストリアをさくさくさくーっと通り抜け、なおも北上、北上。

13ヶ国目 スロバキア~地球散歩~

なんかこう、渋い。そんな印象、スロバキアの首都ブラチスラバ
歴史も何も知識のない小僧にしたら、そんなもん。

 

 

 

どこに行くにしても国と国を結んでアクセスしやすいのは主要都市だから、そこだけ見ればその国制覇した気になっちゃう。この国は郊外に足を延ばしてはじめて味わい深くなるのかもしれない。でも予算と時間の兼ね合いがあるからねー、まぁどれを取捨選択するかなんだなぁ

f:id:tepapepe:20170901055358j:image

f:id:tepapepe:20170901055644j:image

f:id:tepapepe:20170901055355j:image

 

 

 

宿で会ったのは韓国の男の子とインドで出会いそこから一緒に旅してるという日本の男の子。ほんの少しの会話で、(あ、この人とは別に関わり合わなくていいや)と直感的に脳みそが判断した。行き先が同じ次の国で夜飲みましょうと誘われたけど、断った。

 

 

 

 

 


自分が思ってた以上に結構好き嫌いがあるのかもしれない。

 


会社とか仲間内とかそういうネットワークから離脱してるいま、誰に近づこうが誰を敬遠しようが誰にも何も言われない。いや本来日本にいたときだって自分は自分、自由でいいんだけど、そこにあるのは社会というもので。

 


八方美人。誰とでも打ち解け、分け隔てなく接するよう努めてた。べつに窮屈とか思わなかったし、誰とでも仲良いよねって言われた時は気持ちよかったし、楽しかった。
でもそれは本来の自分じゃなかったのか?だって今割と好き嫌いしてる。優しさ?気遣い?思いやり?歳重ねただけ?素の自分って?ぐーるぐるぐる…………

 

 


今もそれを楽しんでる。

いろんな人がいて面白い、それは確か。
でも誰とでもじゃない。


はっ。気付く。


こうやって好き嫌い振り分けてるのって日本人相手の時ばっか。
なんでだろう。

 

 

いろんな国にある、日本人宿とかもどうも気が進まない。1回くらい行ってみたいと思うけど。

 

なんでだろう。


今はわからん。

 


誘いに乗って飲みに行けばまたおもしろいことが起きるだろうか。起きるかもしれない。もう少し話してみれば印象も変わるかもしれない。

でもいいんだ。直感を信じればいいんだ。

 


どこに行くかも、誰といるかも、毎日が取捨選択。

 

12ヶ国目 ハンガリー~地球散歩~

首都ブダペスト


立派なドナウ川に沿うように見事な建築物が建ち並び、中央広場は活気で溢れ、治安もよくカラッとした空気が心地よい。交通網も整備され、どこに行くも不自由ない。

 f:id:tepapepe:20170831034552j:image

 f:id:tepapepe:20170831034453j:image

f:id:tepapepe:20170831035702j:image

 

 

 

 

皇居ランならぬドナウランとでも呼ぶのだろうか、日が暮れると川沿いを多くのランナーがライトアップされた絶景を縫うように走るのを見かける。なんてゼータクな連中なんだ。

f:id:tepapepe:20170831034716j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

チャリンコにまたがる人も多く見かける。

レンタルも充実。

広場にはセグウェイ

 

日本って新しいもの全然取り込まないよなーなんだか粗探しをしてるかのように何かあるとすぐクレームつけるというかーー人と違うことしてるだけでその人は白い目で見られるというかーーなんてぼーーっと考える。

 

 

 

 

 

 

ちっちゃめスーパーにてイスタンブールで宿が同じだったよしと君とバッタリ。


彼はトルコ→ブルガリアチェコハンガリーと周っていて全然違うルートなのにね。こうゆうのあるよね。イタリアに向かってるっていうから素敵なヌーディストを紹介するよって提案したら全力で断られた。

 

 

 

 

 

 


ブダペストといえば温水プール
や、本当は温泉なんだけどね、夏仕様なのか元々こんなもんなのかわかんないけど完全に温水プールでした。浸かりながらジジイ達がチェスしてるって聞いたけど全くしてない。流行り去った?それでもサウナは最高でした。

 f:id:tepapepe:20170831034805j:image

 

 

それにしても外国人はおばさんでもババアでもおばあちゃんでもどんな体型でも構わず着たい水着を躊躇せず(おそらく)着て夏を楽しむよね。普段の服装も然り。人の目気にせず自分のやりたいようにやって人生楽しむっていいね。

 

立派な背中だったぜババア。

11ヶ国目 イタリア~地球散歩~

f:id:tepapepe:20170829054006j:image

そうするといつかまたここローマに再訪できるらしいと、トレヴィの泉にコインを後ろ向きから投げたのが19歳の夏。

 

 

 


どうやらその言い伝えは本当だったらしい

 

 


本当はローマというかイタリア来る気なくて。
ギリシャからアルバニアにたまたますぐ行けずしゃーなしと海を渡ってイタリアに入り、すぐまた海を渡ってクロアチア入ろうとしたけど、丁度そのタイミングだけたまたまフェリーの運航スケジュールが自分と合わず。という具合。

 

 

 

なんだかローマに導かれた気さえする。

 

 

 

クロアチアドブロブニクを見逃すのは惜しいけどなー
ってかそこもあれじゃん「紅の豚」の舞台の場所じゃん。ギリシャのビーチから引き続き追っかけるほどしゃべる豚の熱狂的ファンじゃねーやい。

 

 

 

 

 

 


ローマを歩くと大親友野郎たむと1ヶ月ヨーロッパを周った時の記憶が蘇り感慨深くなった。

 

当時はWi-Fiはおろかスマフォなんて無いしGPSなんて無いなか地球の歩き方1冊だけで周って……いろいろあったなぁー。

 

トレヴィの泉は行きたかったけどコロッセオとかサン・ピエトロ大聖堂とか真実の口とか行く気が起きず。思い出を上書きしたくなかったのかな。

 

 


その代わりある事に気付く。


セリエA第2節 ローマvsインテル


ローマのホーム オリンピコスタジアムでやるじゃあーりませんか!!長友も見れるじゃあーりませんか!!

 

 

やっぱ現地人と盛り上がるためにはユニフォーム必須でしょ!最高品質の5Euroのシャツを身に纏いいざスタジアムへ。

 

 

 

 

1点リードで折り返した後半にインテルに3点取り返されボコボコにされるってゆうロマニスタにとっちゃ悪夢のような結果だったけども。臨場感、ライブ感、熱狂やら発狂やら、本場ヨーロッパで現地人とたくさん味わえて面白かった。長友ちっちゃかった。がんばってた。

  f:id:tepapepe:20170829054328j:image

 

 
一生忘れない、たむと周った時、最後の最後にマドリッドにてようやく買えた念願のサッカー観戦チケット、日付を勘違いして棒に振り天を仰いだこと。

 

書き連ねたらキリがないや
いつか必ずヨーロッパリベンジしよーぞ相棒!

 

 

 

 

 

 


ローマ3日目。カウチで出会ったポルトガル人ヴィトー。生粋のゲイであり、ヌーディストの彼はとにかくジェントルマンでホスピタリティに厚く、手作りパスタにビールにたくさんをもてなしてくれた。ヌーディズムな人に初めて会った。簡単に言えば基本全裸マン。ありのままの自由を愛するナチュラリスト。一晩彼の家に泊まって自分には男同士など断じて無理だと生理的に結論付けたけど、彼がそうなった経緯とか文化とか興味深かった。世界にはいろんな人がいるんだなぁ。

f:id:tepapepe:20170829054938j:image

 

 

 

 

 

 

ローマに行く前にかわいらしい街に行ったよその名もアルベロベッロ。イタリア南部の街バーリから電車で1時間半ほど。


バーリで安くgoproを手に入れたから上機嫌で車窓からブドウ畑を眺める、の画。

f:id:tepapepe:20170829055047j:image

とはいえ次またスられたり壊れたりしたらシャレにならんので本当に気をつけなければ。

 

 

 


とんがり屋根が特徴的な街並み。名前もいいよねアルベロベッロ

f:id:tepapepe:20170829055206j:image

f:id:tepapepe:20170829055212j:image

 

イタリアは至る所でジェラートやら切り売り焼きたてピザが食べれてよいよい!

 

 

 

 

 

ローマから飛行機で次に向かうはハンガリーブダペスト
いやだからそんなに豚引っ張らんでええて。