tepapepe’s blog ~地球散歩~

6年間のホテルマン人生の先に https://www.instagram.com/tepapepe

47ヶ国目 ペルー後編~地球散歩~

リマから南米大陸に上陸し、ボリビアまで南下したルートを引き返し、またリマに戻ってきた

 

 

同じルートを引き返すってのがすごくスキジャナイんだけども、致し方なし

 

 

ブラジルがでかすぎなんだよな

ペルーも大概だけど

 

 

バスに5時間乗って3時間乗って宿泊

バスに12時間乗って22時間乗って宿泊

 


我ながらアホだ

最安を選んだ結果だとはいえ

 

 

 


最安はヒッチハイク

 

 

 

 

リマで2泊リラックスしたのち

またバスに10時間乗ってアマゾン川に沿う町、プカルパにやってきた

 

やっぱ南米来たんならアマゾン川に一発会っとかな

 

 

 


バス内で男が何やら大声で語り出した

バスに関する案内かと思ったけど他の乗客は関心なさそう。宗教関連でもない

 


何かと思ったら中国物産のセールスだった

1時間近くもセールストークしてたのか

f:id:tepapepe:20190319053618j:image

どっかから買い付けてやってんだなぁ

色んな商売があるもんだ

 

 

 

 

 

 

 


カウチで募集すると4,5人から快くオファーがきたからそのうちの1人、ジャニナの家に3日間お世話になった。

 

 

 

 

バイクで街中を案内してくれたり、常に気遣ってくれたプカルパの母、ジャニナ。とってもいい人。

f:id:tepapepe:20190319053733j:image

 

 

 

 

 


アマゾン川で採って岸にあげてすぐその場で売りに出す新鮮直売スタイル

f:id:tepapepe:20190319053939j:image

これもスープにしたら美味いらしい(ほんとか)

f:id:tepapepe:20190319054033j:image

ラニアもいた

f:id:tepapepe:20190319054041j:image

 

 

 

 

 

 


ジャニナは聞いてきた。アヤワスカはやらないの?シャーマンのところへ案内できるわよ

 

 

 

 

 

 

 

 

ははぁーーなるほどねそうゆうことか

どうりでたくさんカウチのオファーがくるわけだ

 

 

 

 

 

 

 

ざっくり言うとアヤワスカってのは幻覚剤の一種で、胃を空っぽにして飲んでシャーマンと呼ばれる祈祷師の唄を聴く。と、人によって嘔吐、幻覚、幻聴など様々な事が起きるんだとか。精神の浄化や病を癒すことを目的としてるらしい。

 


べつに違法のヤバいドラッグってわけじゃないよ

 

 

 

 

 

ジャニナの仕事は旅人を誘致して自分の知り合いのシャーマンにつなぐこと。まぁカウチを仕事に結びつけることはそんなに珍しいことでもない。だからたくさんオファーきたのね

 


今では多くの人がシャーマンを偽り、アヤワスカビジネスを悪用してるらしい。アヤワスカをやらない俺にジャニナが昨今の現状を色々話してくれた。

 


ロッコやオーストラリアでウィードとか吸った時とかそうだったけど、もともと薬モノが身体にハマらないし、スピリチュアルな世界が苦手というかどうもしっくりこない側の人間なんよね

 

 

 

身体を浄化するなら断食とか座禅とか岩盤浴通うほうがしっくりきそうだし

 

 

そもそもこの身はすでにガンジス川で清めたからオッケー!とか思って

 

 

まーーでもせっかくだし良いご縁があったら体感してみてもいいかなって思ったけど、こうもビジネスビジネスの実態を知ったら気が引けて。やらんかった

 

 

ここを訪れる旅人の9割はアヤワスカが目的と言っても過言じゃないなか、ジャニナは家に泊めても何のメリットもない俺を無下にせず良くしてくれた。ありがとうお母ちゃん。

 

 

 

 

 

 

 


郊外の村に行ったりプラプラしながら

ボートでプカルパに戻る時に釣りしたいんよなーって地元民と話してると、乗客を降ろしたあとでボート乗りのおいちゃんおばちゃん、マウリシオ夫妻が釣り連れてったる!と誘ってくれた

f:id:tepapepe:20190319055441j:image

おばちゃんがいい感じの枝を大きいナイフで豪快に切り、おいちゃんがパンを濡らしてこねて餌をつくり、枝に糸をくくり付け、釣り竿完成準備完了

f:id:tepapepe:20190319060847j:image

 

 


釣れたーー!ちっさ!

f:id:tepapepe:20190319060831j:image

おいちゃん3匹

俺5匹で俺の勝ちーー

 

 

ラニアは釣れんかった

 


この後晩メシにこの魚食うけどウチくる?

みたいなイベントを期待したけど、残念


今日は食べないっぽい

 

でも楽しかったー!ありがとう陽気なマウリシオ夫妻

f:id:tepapepe:20190319055705j:image

 

 

 

 

 

ジャニナの家は結構ワイルドな造りで

猫3匹と犬1匹に囲まれた生活

f:id:tepapepe:20190319061347j:image

深夜犬の鳴き声で目が覚めてふとライトで辺りを照らしたら、蚊帳の中にゴキブリが

 

ひょえー

アマゾンだしアレだけど君、蚊帳の中は反則でしょうよ

 

 

 

 

そんなプカルパを経て、フアヌコでバスを乗り継ぎアンデス山脈の麓の街ワラスへ

 

 

 

 

 

日帰りのトレッキングを2度ほど

 

いやーー気持ちよかったなー

綺麗!壮大!大自然

f:id:tepapepe:20190319061546j:image
f:id:tepapepe:20190319062030j:image
f:id:tepapepe:20190319061517j:image

 

 

1回目はツアー

この日のお供はメキシコ人のヴィト。なんかわからんけど、モノの感じ方とか行動とかペースとかバナナとリンゴとお菓子を持参してくるとことか、似通った部分が多くて勝手に親近感湧いてたf:id:tepapepe:20190319061946j:image

サッカー好きも一緒で、CLの話とか本田圭祐とかパチューカの話でも盛り上がったなー

サッカーネタは特に中南米では強いね

 

 

 

 

 

一方で次の日

 


自力で行けちゃうトレッキングポイントということで、ローカルバスでスタート地点まで

 

 

 

 

かなりキツくて辛かった

なんでかって

 

 

 


一人で来たけど誰かおるやろー思ってけど

 


ここがもう超マイナースポットなのかわからんけど最初から最後まで人っ子ひとりおらず

完全に孤独

 


おまけに何度も雨降るし

 


ただのメンタルトレーニングだった

 


頑張って辿り着いたラグーナ(標高4,500m)

あんま綺麗じゃないし

f:id:tepapepe:20190319062259j:image

 

 


帰りは景色良かったから助かったけど

 

 

 


3,4日間のトレッキングツアーに参加したかったけどねー毎日雨降るしでやめちゃった。いや雨季でも結局楽しいに決まってるんだけどねー

 

 

 

 

 

 

 


ワラスの市場は結構刺激強めで

牛豚鶏ねずみなんでも丸ごと

 

 

閲覧注意かな?まぁいーや

f:id:tepapepe:20190319062433j:image
f:id:tepapepe:20190319062444j:image

 

日帰りツアーで仲良くなったペルー人のマカ

f:id:tepapepe:20190319062515j:image

彼女にペルーでは普段ねずみ食べるの?って聞いたら

 


食べるけど私は嫌いって

クイって言うんだって

画像見せてもらった

ねずみってゆうかモルモットやんけ

f:id:tepapepe:20190319063300j:image

 


食べて感想を聞かせるくだりになっちまったが為に、ワラス最終日、クイを喰らいに再び市場へ!その2階の食堂エリアへ!

 

奇しくもペルー滞在中で最も高いメシ!(500円)

 

 

ひえー

f:id:tepapepe:20190319063434j:image

手が…

 


皮が固くてフォークも刺さんないからこの手を持ってかじりつく

 

 

味はチキンのようなカエルのような感じなんだけど、ちょっと伸びるというか弾力がある


美味しい気もするんだけど、かじりつく瞬間自分が犬猫になった気になるし、市場で解体されてるあの画がフラッシュバックする…

 

なかなかのカルチャーショックでした

 

マカは10歳の時にクイをペットとして飼ってたけど最終的に祖母に殺され家族で食べたんだって

 

ひょえー

 

 

 


そんなこんなでペルーおなかいっぱい!

予想外にも計1ヶ月くらい居てもうた

好きだなー楽しかったなー

 

 

 

 


ワラスからトルヒーヨを経てチクラヨで1泊挟んでエクアドルINかなー


は?チクラヨの宿どこも高ぇじゃねぇか


もうええわぶっ通しで3日間バス乗って行ったらぁ(あほ)

48ヶ国目 ボリビア~地球散歩~

f:id:tepapepe:20190305115757j:image
これタネっぽいのあるけど全部食べれるの?


おばば「あとでケツからブッと出しゃあ大丈夫よワヒャヒャ」

 

 

 

ボリビア人の第一印象は悪くない

 

 

 

 

よくわかんないフルーツ

甘くておいしかった

(翌朝ケツからブッと出てたかは不明)

 

 

 

 

 

 


山とチチカカ湖に挟まれた街、コパカバーナ

穏やかでのんびりしてまぁまぁ好き


湖で獲れたであろうマスを丸ごと揚げてもらった。揚げたてで塩が効いててうまい

f:id:tepapepe:20190305120113j:image

パサパサ白米、野菜、茹でたジャガイモにメインをワンプレートにドカッと盛るスタイルはペルーと一緒

 

 

 

 

 

他の旅行者との接触を避けて

充分な休息をとって、ラパスへ

 

 

 

 

 

 

 

独特の街の作りに、後ろにそびえるキレイな雪山

f:id:tepapepe:20190305120346j:image

本物の人間をさがせ

f:id:tepapepe:20190305120529j:image

 

 

 

 

 


2日過ごしてオルロへ

 


クスコあたりから一緒にオルロに行く人見つかればいいなーって思ってたけど残念ながら見つからず。

 

 

 

なぜなら南米三大祭りのひとつ、オルロカーニバルがあるからだ!ひゃっほーう

 

 

 

 

そんだけでっかい祭りとあってやはり宿は前々から埋まっていき、カーニバルあるじゃん!と気付いた時には街全体満室状態

 

 

 


さらにチケットが必要らしいけど用意できず

 

 

 

そんな踏んだり蹴ったりだけど

朝イチのバスでラパスから乗り込み、夕方らへんのバスでウユニに抜けちまおうカーニバル突撃大作戦を決行

 


すんだけど、

 

 

 


公式サイト「カーニバルは2/23~3/3で、最も混むのが1,2,3/3です」

 


ボリビアンA「カーニバルは3/2,3だけだよ」

ボリビアンB「3/3だけだよ」

ボリビアンC「今日もやってるよ」

 


もうどれが本当かわかりゃしねぇ

 


来たる2/28

最も混む日は避ければなんとかなるだろう判断

 

 

 


バスオフィスにてチケットを買う時、

おばちゃん「カーニバル楽しんどいで!」

 

 

 


バスは激混みだろうなと思い朝6時半にターミナルに行くものの朝7時発に余裕で乗れる

 


しかも驚くほどガラガラ

 

 

 

今日ないのか……⁇

 


隣の席のおっさん「カーニバルいいね!」

 


よっしゃ

 


反対側のおばさん「2日後よ」

 


えぇ…

 

 

 

そんな小さな一喜一憂を繰り返しながらオルロ到着

 

 

 

オルロ人に聞くと百発百中3/2,3だよって返答がくる。そうかーと若干沈んでたら今日は今日でダンシングがあるんだと

 

カーニバルとダンシングてどう違うんだ

 

 

 

 

まぁとりあえず行ってみよう

 

 


それ行って今日中にウユニ行って2,3日間でウユニ塩湖満足しまくって3/3にまたオルロ来ればいいんだ

 

 

ラパスで時間つぶすよりもよっぽど効率的じゃん

 


しかもラパス-ウユニ間は直行バスよりもオルロ乗り継ぎで行ったほうが2,000円近く安いっていう

 

 

 

いいじゃんいいじゃん

夜行で通り過ぎるにはもったいないくらい壮大なパノマラビューだし

 

 

 

 


いいじゃんいいじゃん

 

 

 

そして中心地へミニバスで行ってみると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tepapepe:20190305123746j:image

やってるーー!

カラダが無意識に跳ね上がるー!

やっほーーう!

 

 

 


観るだけで満足できるかー!

一緒に踊るー!

 

 

 

 

 

 

チケットないとどうのこうのなんて杞憂中の杞憂で

 

チケット買ってる場合じゃなかった

 

 

 

 

 

 


ひとたび踊り始めたら

旗を渡され

首飾りをかけられ

紙吹雪を浴びせられ

泡スプレーを吹きかけられ

演奏が一区切りしたら一緒に写真とってくれのお祭り騒ぎ

f:id:tepapepe:20190305124052j:image

f:id:tepapepe:20190305124212j:image

気持ちいいー!

 

 

 

挙げ句の果てに謎の弁当もくれて

 


なんじゃこりゃー!

楽しいーーー!

 

 

 

 


千差万別色鮮やかなチームが50以上ありそうな

そんぐらいの大行進が道という道を埋め尽くしてく

 

 

 

べつのとこでまた踊ってたらどうやらメインロードに入ったらしく

f:id:tepapepe:20190305124535j:image

両側にチケット制と思しき観客席が並ぶ中央を踊り歩いた

 

 


観客席に目をやるたびに誰かしらと目が合い笑顔で手を振られ

 

 

 

 

いきなりのどこぞやのアジア人の乱入をみんなウェルカムで楽しんでくれた

 


南米ラテンのノリー!

 

 

 

 


とその時、突然ある派手な衣装のおっさんが目の前に現れ、仰々しいカメラマンが何人も彼を撮りだし、セキュリティスタッフにストップをかけられた

 

 

 

こっから先は悪ノリNGなのかな?と思って席に座って様子を見てたら(有料席)

 

 

 

 

 

f:id:tepapepe:20190305124629j:image

そのおっさん、ボリビアの大統領でした(中央カラフル)

あぶねぇハイタッチするとこだった

 

 

 

伝統の笛を吹き、一緒に踊る大統領。たくさんの人が手を振り歓声をあげてて親しまれてるのがすごく伝わる

 

 

 

ええ光景や

 

 

 

そんなこんなであっという間にウユニ行きのバスの時間だ

 

 

 

3日後の本戦カーニバルが楽しみすぎて

ウユニ塩湖がちょっと霞む…

 


いやとてつもなく絶景のはずだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tepapepe:20190305125715j:image

f:id:tepapepe:20190305125036j:image
f:id:tepapepe:20190305125630j:image
f:id:tepapepe:20190305125005j:image
f:id:tepapepe:20190305125217j:image
f:id:tepapepe:20190305124951j:image
とてつもない絶景だった

 

 

 

 


朝も昼も夕も夜も全部色がちがった

2日間で3回も足を運んだのに全く飽きなかった

 

 

 

日本人がたくさんいるなか、ゆり&あやって素敵ペアがこれまた良い子達で

 


ウクレレを塩湖で弾く姿はとてもよかった

 


写真も撮ってくれて

 


本当にありがとう

f:id:tepapepe:20190305125831j:image

 

 

 


マチュピチュで会ったむっちゃんとも会えたし

アタカマ砂漠いってらっしゃい

 

 

 

 

 

 

 


ウユニでもカーニバルやってて

多種多様な衣装のチームが街を練り踊り、歌い、泡スプレーや水鉄砲、水風船で暴れ狂う

f:id:tepapepe:20190305130239j:image

f:id:tepapepe:20190305130321j:image

 

 

服やバッグを濡らされたからって怒るのはここではナンセンス

 

 

 

楽しんだもん勝ち

 


ウユニを満足し尽くして本チャンのオルロカーニバルに臨む!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が、ちょっとこないだとは違く、自由突入型じゃない

 

 

 

むしろほとんどの人が席で騒いでるなか突入したら逆にシラけそうな雰囲気

 


写真を撮るだけとって、眺めるだけにした

それでも派手で迫力満点のパレードは見応え抜群だったけどね

 

 

 

そんな息つく暇なく怒涛の1週間を過ごしたボリビア

 


密度濃いー濃厚ー

 


色んなもんが見れてよかった

 

って戻ってきたラパスでもカーニバルやっとる…

 

じじいと飲んで

ちょっと踊って

f:id:tepapepe:20190305140345j:image

 

カーニバル塩湖塩湖カーニバル塩湖カーニバルカーニバル、という1週間

 

他のボリビアの秘境とか色々調べたけど

 

おなかいっぱいや

 

写真選びきれねぇ

動画もたくさん

 

 

 

余は満足じゃ!

 

 

 

47ヶ国目 ペルー前編~地球散歩~

空気の臭いがちがう

明け方4時の野犬の合唱

わけわからない朝の楽器の演奏

 

 

 

飛行機を乗り継ぎ乗り継ぎ乗り継ぎ

 

 

 


ペルー上陸

南米リベンジ始まる

 

 

 

 

 

 

 

初日の初っ端からペルー人にお世話になる

 


カウチでリマ滞在予定を告知していたら、35歳デイビッドが快く家に招いてくれた

f:id:tepapepe:20190227022654j:image

見ず知らず同士の旅人と現地人との異文化交流、相手がどんな人なのか信頼できるのかを計る指標として、プロフィールや今までの実績、過去に交流があった人からのレビューが重要な要素となる。今までもよくそのへんを吟味してたけど今回のデイビッドは実績もレビューもゼロだった。つまり自分がカウチ交流第一号となる。

 

 

 

今思えば南米という場所柄ちょっとリスキーだったな。何事もなかったけど

 

 

 

 

 

 

 

リマの空港に着いたのが夜12時

朝まで空港でやり過ごして、バスで安上がりに市内に向かうと言ったらところ、空港まで迎えに行くよ!とデイビッド。

 


なんだよすげー優しいじゃねぇか!

 

 

 

最初はそう思ったんだけど、

 

 

 

 


空港~市内間の高いタクシー代に始まり、ビールやら都度のタクシー代やらとにかく多く金を払うはめに

 

 

 

タクシーは高いからバスで、と提案しても、時間かかるやら手間やらでどこ行くにしろタクシータクシー

 

 

 

 

 

 

うーんまぁ話してて別に悪いヤツじゃないんだけど

 


家に泊めさせてもらってるし

 

 

 

 

 

リマの海

f:id:tepapepe:20190227023147j:image

ビーチではなく、サーフィン向き

 

 

ギネス認定の噴水

f:id:tepapepe:20190227022949j:image

噴水公園の入り口で合流だったのに俺が見つかんなかったから帰っちゃったとか!うそぉぉん

 

 

 

うーんこいつ〜と思いながらも

招待してくれてありがとうデイビッド

 

 

 

 

 

 

リマのダウンタウンはヨーロッパさながら

f:id:tepapepe:20190227023250j:image

 

 

 


まず驚いたのがメシの量

2~300円で大きなスープ付きの山盛り一品料理

このセビーチェ付き海鮮リゾットが絶品だったな

f:id:tepapepe:20190227023509j:image

死ぬほど腹いっぱいんなったけど

 

 

ペルビアンセニョリータ達はデブのほうが多いってぐらいみんなどってりしてらっしゃる

 

 

 

毎食こんだけ食ってりゃそりゃでかなるわ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワカチナという砂漠とオアシスの街でサンドバギー

まよ&みなみコンビと

f:id:tepapepe:20190227023814j:image

まちがえたこれは豪快ペルビアン

 

 

f:id:tepapepe:20190227024314j:image

f:id:tepapepe:20190227024132j:image

砂漠は何回か行ったけどこうゆうアクティビティってはじめてだったからなかなかおもろかった

 

 

 

 


このへんからチラホラ日本人を見かけるようになる。大学生卒業旅行シーズンとかぶって参りました。自分の卒業旅行は男8人でバリ島だったなぁ。南米なんて選択肢は全くなかったよなぁ

 

 


死ぬほど楽しかったなバリ……

今や大半が結婚やら子持ちやら

 

 


それぞれが違う人生を歩んでいるのです

俺の人生最高だぜ

ハッ俺の人生も最高だぜ

 


つって乾杯したい5年後も10年後も

 

 

 

 

 

 

さらに南下

 


ナスカ行きのバスに乗り

道端で降ろしてもらい地上絵を地上のちょっとした高台から

 

 

 

 


その後ヒッチハイク試しにしてみたんだけど秒でファミリーが止まってくれた。やさしっ

 

 

f:id:tepapepe:20190227024705j:image

期待してなかったというかあんまり興味なかったぶん、実際に色々な模様を見てみると結構ミステリアスでファンタジックでインクリーディブルな気持ちになりました(汲み取ってくれ)

f:id:tepapepe:20190227024730j:image

これとかただカワイイじゃん!でもよくよく考えたらこれを岩肌の斜面に古代の人が描いたんだよなんじゃそりゃ!(汲み取ってくれ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南下した後、今度はアンデス山脈を越えクスコへ

 

 

 

 

 

 


高山病にならない秘訣はたくさん食べてたくさん飲むことって、キリマンジャロ登った時に教えてもらったんだけどなるほど、辻褄があった

 


だから常に大量のメシ食ってんのか

 


んなわけないか

 

 

 


高山病なんてこのオレ様が!大丈夫だろーて思ってたらなぬ。心臓バクバク頭イタイ

 


階段の登らんといけない場所にある宿に戻るたびに心臓バクバク頭イタイ

 

 

 

富士山級に高いのねここ

 

 

 


インカトレイルとか色んなツアーがあって興味そそるものもあったんだけど、この後のボリビアの日程と相談しつつブラジル行くか行かないか悩みつつ

 


結局雨季だしなとか言いつつ(信じればサニーだろうがしっかりしろ)

 

 

 


結局とりあえずマチュピチュに弾丸で行った

 

 

 

もちろん最安コースでミニバン乗って電車乗らずに車線歩いてバス乗らずに山道登って帰りも歩いて

 

 


色んな人にマチュピチュの上まで自力で登るの死ぬほどキツイよって言われてきたから相当の覚悟で挑んだけど

 

 

 

なんてことなかった

屁でもねぇぜ

 

 

先の2日間のクスコ滞在のほうが辛いわ

 

 


高校友だちの佑に誘われて初めて走ったトレイルランでも登り道が一番得意だったもんなぁ

 


経験の賜物ってやつだ

 

 

 

マチュピチュの相棒はペルー人ミゲル

車線歩いてる時に同じペースだったからか仲良くなって、登りも下りも帰りも一緒に歩いた

f:id:tepapepe:20190227025747j:image

仲良くっつっても彼はスペイン語オンリー

くそースペイン語ペラペラになりてぇぜ

 

 

 

宿一緒だったあかね&むつみも山頂で再会できた

f:id:tepapepe:20190227025856j:image

あかねちゃんはピースボート乗船中

むつみさんは前に俺が新宿で働いてた職場の競合で働いてた経歴が

 


十人十色だねー

 

 

 

肝心の遺跡は、朝方は雨パラついて霧がかってたんだけど、まさに徐々に徐々に霧が晴れていきその姿を現した瞬間は

f:id:tepapepe:20190227030254j:image

f:id:tepapepe:20190227030806j:image

 

 

すげぇ

かっけぇ!

 

 

 

 


ってなった

 

 

 

 


こんな山の上にね

古人よ

 

 

 

なぜどうして一体誰が

 

 

f:id:tepapepe:20190227031108j:image

おまえもわかんなくて首をかしげるよなぁウンウン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とまぁこんな感じで普通に観光地を巡るペルー旅前半終了

 

 

 

 


やっぱこう、もっとなんつーか

 

 

 

 


冒険感というかワクワク感というか動物感というか秘境感というか夏感というか海感というか

 

 

 

 


そういうのが欲しいぜ

 

 

 

 


そうそう、クスコで会った韓国の子の友達が2週間前にチリのサンティアゴで汚い水かけられてサブバッグごっそり盗られたんだってさ

 

 

 

1年前の俺と全く同じ!!

あいつら相変わらずよろしくやってんなー

はよくたばらんかい!

 

 

 

 

 

 

 


チチカカ湖を抜ける際に一番安いバスを選んだのが運の尽き

 


背後のじじいのイビキが強烈で耳栓も意味なしほとんど寝れず

 


途中で代えられたバスには席がなく

いやあったんだけどベイビーが寝てて

 


「ベイビーが寝てるじゃない」

いやベイビー分も金払ってんならわかるけどそうじゃねぇだろそりゃ気持ちわかるけどさすがに抱えて寝ろよ

 


「ベイビーが寝てるのよ」

いやだからわかるけどさベイビーから席取るのアレだけどさ

 


「ベイビー」

 

 

 

 


周りの助太刀も一切なく朝5時からの1時間席なし

 

 


その席で寝たんだ立派な大人に絶対なれよベイビー

46ヶ国目 韓国~地球散歩~

2月の韓国なんてそりゃあもう吹雪ボーボーで

冬の北海道より寒いんじゃないかぐらいの

最低限の衣服しか持ってない自分よ、いかにしてサバイブするか

 

 

 

 


みたいな本当に寒すぎて何もできずただただ宿に引きこもる、なんていうのをずっと覚悟してたけど

 

 

 

 

 

 

案外なんとかなった

 

 

 

そりゃかなり寒かったけど痛いほどではないし、なんなら同じ時期に雪が降った東京のほうが寒かったんじゃないのぐらいの

 

 

 

 

 

 

ニット帽は中国で買っといてよかったまじで

 

 

 

 

 

 

 


ソウル5日間の滞在

 

 

 

つっても特に観光に走るわけでもなく宿でだらだらしながら、たまに出かけて、たまに友だちに会って、まただらだらして

f:id:tepapepe:20190214061128j:image

 

 

 

 

 

 


ソウルなんてほぼ東京だね

 

 

 

 

 

 

地下鉄路線図から駅の作り、アナウンス、読み終わった新聞を網棚の上に捨て去るじじいまで

 


ほぼほぼ一緒だなぁ

 

 

 

 

 

 

街歩いてても

 

 

 

口紅赤い女性が多いなー

おばさんはほぼほぼもれなくパーマかけてるんだなー

ロングダウンコート?着てる人多いなー

アディダス人気だなー

屋台が少し多いなー

f:id:tepapepe:20190214061456j:image

 

 

 


とかそんなぐらいしか印象に残らんかった

 

 

 

 

 

 

特に誰かからの反日感情を感じるというようなこともなく

 

 

ソウル市内の観光名所ではこのクソ寒いなかがんばってチマチョゴリ着て写真撮影に励む人たちがちらほら。すごいなーパッション

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリアで仲良くなったジェイソンと再会、一緒にサムギョプサル。

f:id:tepapepe:20190214061543j:image

仲間うちにうまいサムギョプサル屋さんを聞いてくれて案内してくれて

 


めちゃめちゃうまかったよありがとう!

 

 

 

 

 

 

キューちゃんにも会いたかったのにあいつまだオージーいるからなーまったく

 

 

 

 

 

 

他にもキムとかアランとか何人かいたけど、結局会えず。再会はまた別の機会に持ち越しだね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そのオージーつながりとはべつに、もう一人、スンジェーという友だちに会いに行った

 

 

 

 

 

 

彼と会ったのはバルセロナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


10年前に。

 

 

 

 

 

 

 


大学2年の夏、高校のソウルメイトたむと1ヶ月間ヨーロッパ一周計8ヶ国を駆け巡った

 

 

 

 


スペインでのトマト祭りでハチャメチャする前夜、駅のロッカーでコンとファンタって韓国人2人組と仲良くなって、韓国人グループでわいわいしたりして、たぶんその雰囲気でバルセロナに移動してから韓国人宿に泊まったんだよね

 


んでそこでスンジェーと出会ったんだっけ

 


次の日はもう一人の子(名前忘れたなぁ)と一緒にバルセロナ観光したのを覚えてる

f:id:tepapepe:20190214062541j:image

f:id:tepapepe:20190214062551j:image

そうして一緒に過ごして別れたのち、ミラノの駅内で、ローマの真実の口の目の前で、偶然スンジェーと再会を繰り返して

 

 

 

 

f:id:tepapepe:20190214062510j:image

そうやって10年前の昔話を2人で思い出しながらあーだったこーだったって話するのが本当に面白かった

 

 

しかし2人とも老けたなー

スンジェー太ったなーははは

 

 

 

もちろんたむに電話して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3人でしばしビデオトーク

ニヤニヤが止まんなかったぜ

 

 

 

 

 

 

 


2軒目に移動して

ソジュ飲み交わして

 

 

 

 

 

 

 


スンジェーも色々あるみたい

 


超大手サムスンで働くも

サービス残業は当たり前らしい

政府が職場環境の改善を呼びかけて少ーしずつ変わり始めてるけど実際自分の職場はまだ全然

 


なんていう

日本と一緒やね

 

 

 

 

 

 

韓国女子は大変なんだと

外見ばかり気にして中身がどーのこーの

 

 

 

 


常に男に要求して

金がかかる金がかかる

 

おお、、意外と女沙汰激しめなのね

 

 


いやいや日本女子だってピンキリよ

 

 

 

なんて

 

 

 

 

 

 

30年も生きてりゃそりゃお互い色々ありますわな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうこうしてるうちに終電ギリギリに

 


よくわからんなか頑張ってメトロを乗り換えて

間に合うかーつってちょっとダッシュして

 


やってることが東京と変わらんわ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかく覚えたおもしろハングルワード

あんま使う機会なかったな

 


ゲロ寒かったからしゃーない

 


もうちょい小綺麗な格好をしてまた遊びに行きたいぜ韓国

 

 

 

 


夏に。

45ヶ国目 台湾~地球散歩~

久々だな会いに行くぜ台湾一周スペシャ

 

 

 


shot❶ クマ

 

 


香港から台中に上陸。

空港まで迎えに来てくれ、初っ端から優しさを爆発させてくるクマの車に乗り込み、彼のホームタウンである苗栗市へ。

f:id:tepapepe:20190209152732j:image

 

 

すごーく似てた。じじばばが住んでる佐賀に。街並みとか、田園風景とか、急な坂を上ったら家がある感じとか、なんだか九州の田舎を思い出した。みんな元気かなーー

 

 

 

 

 

 

学生の頃、集団でケンカする時にヘルメットで相手に殴りかかった、なんていう逸話をもつチンピラの素質をもつ彼とは裏腹に、お母さんは会った瞬間から絶対優しいって確信できたし、お姉ちゃんはのほほんとしてるし、お父さんは無口で少し強面だけど晩メシ御馳走になった時に「フェイチャンハオツー」って言ったら「うまいか!そうか!」って感じでニコッてしてくれたし

 


もうひとりの妹はオーストラリアにいて会えなかったけど

 


あぁ、素敵家族

 

 

f:id:tepapepe:20190209152828j:image

晩メシめっちゃうまいし

いつも以上におかず、種類も量も作ってくれて家庭の味を体験できて

最高

 

 

 

驚いたのが、キッチンにでっかい中華鍋

さすが中華圏だねどの家庭にもあんだろうね

 

 

 

 


バイクで苗栗市のちょっとした見どころに色々連れてってくれたけど、まーーなんもないなんもない。のどかな風景がただただ広がるだけ。そんなのも佐賀の田舎くさくて、落ち着く。

 

 

 

ご当地のお菓子やお茶、ヌードルとか食べさせてくれて。全部おいしいのね

 


や、臭豆腐はくせえしまずいわ

台湾人でさえ嫌いな人は多いらしい(クマも嫌い)

f:id:tepapepe:20190209152931j:image

 

 

 

2日目の夜は彼の幼なじみ、アソンと3人で飲んだんだけど会って間もないのに台湾ウォッカをわざわざ買ってプレゼントしてくれて

 


スラムダンクの"世界が終わるまでは"を3人で熱唱してたらふく飲んでギャーギャー騒いで

次の日俺とクマは2日酔い、アソンは仕事を休むっていう

 

 

 

 

 

 

みんなで飲む酒もこちらにお金を出させず

 


クマも事あるごとに奢ってくれてガソリン代すら受け取らず

f:id:tepapepe:20190209153251j:image
なんなのこのタイワニーズ達‼︎

絶対いつか日本来いや

 

 

 

そのへんで焼き餃子売ってるしなんなの台湾

極楽かよ

 

 

 

 

 

 


台南で1泊挟む

 

 

宿のおいちゃんはチェックインと同時にリンゴやら切ってくれて、熱心に観光情報をしかも自作の巨大マップで

 

 

肉丼にワンタンスープ、きな粉餅に今川焼

 


ナイトマーケットでは他の国では見なかった催し物がたくさん

 


レトロなゲームに夢中な人たち

こっちではアーチェリー

こっちでは牡蠣クレーンゲーム

タイマンシンプル麻雀で勝てば大きなぬいぐるみ

f:id:tepapepe:20190209153358j:image

 

 

 


そして時折漂う臭豆腐  くせぇって

 


日本にも年中全国各地でこういう屋台マーケットあればいいのに。クソ高い肉フェスとかそういうのは要らんからさ

 

 


アジアの他の国に負けずとも劣らない朝市の活気は、背の低い台湾おばちゃん達が威勢良く買い物してるせい

 

 

 


shot❷ エリック

 


会ったその日はカラオケへ

そんなに歌うの好きだったのね

エリックも自分の町に来てくれたからここでのお金は俺に任せてくれスタンス。なんてこった

f:id:tepapepe:20190209153635j:image

 

 


次の日から台南から台東サイドを通って台北までのチャリ旅がはじまった。エリックの提案で

 


大きいチャリ旅に不要な荷物は先に台北クロネコヤマトで送り、毎日シャカシャカ6日間漕ぎ続けた。

 

 

 

気持ちの転機は早くも2日目に訪れる

ほとんど最南端のホワイトサンドビーチから、台東に一気に抜けるこの日は、台湾の東西をまたぐ山脈を越えないといけない

 

 

 

これがまぁまぁしんどくて

朝から夜までひたすら漕いだ

走ってる時に色んな迷いが頭をぐるぐる

 

 

 

軽いノリと勢いではじまった台湾半周チャリ旅

 


走る事自体を楽しみたいエリック

毎日一日中走る日程

道中もそうだけどできれば色んなところに寄り道したい俺

圧倒的に違う2人の体力から生じるスピードの差

元々基本1人を好み、自分が俺を待たせることに少しストレスを感じてたエリック

やっぱせっかく会ったんだし2人で行きたいんだけどもももも

 

 

 

山道なんて思いっきり別々

2人スクラム組んでフォローし合ってくんだよとか

いや、お互いそれぞれのペースで走るべきだとか

 

 

 

まーようするにチャリ旅に対するスタンスがちがったんだ

 


何も事前に作戦会議せずスタートしちゃったから戸惑ってしまったというわけ

 

 

 

------と、ここまで読んだらなんか散々だったようにみえるけど

 

 

 

結果楽しかった

 


3日目以降、できるだけ2人でいるけど全部が全部一緒じゃなくてOK、合わせる時もあるしお互いのペースを守る時もOKってスタンスに切り替えた

 


2日目でやっぱやめるわって言わんでよかった

山道のように孤立する時は、俺の台湾旅はこれでええんかな、とか思うことあったけどそこを過ぎてまた2人で走ると面白くて

 

 

台湾で一番したい事は友だちに会いたいってことだったから

 

エリックはワガママな頑固野郎だけど変わらずクレイジーでいい奴で

f:id:tepapepe:20190209154402j:image

時々そのご当地メニューとか色々説明してくれて食わしてくれて

 


このフルーツうまかったな

なんとも言えない初めての味と食感

f:id:tepapepe:20190209154441j:image

 

 

お互い悪口言い合いながら冗談言い合いながら

漕いで食って漕いで飲んで食って漕いで

食って浴びて洗って毎日のようにダブルベットで寝るっていう

f:id:tepapepe:20190209154513j:image

 

 

そういうんじゃないぞ

 

 

 

 

 

 

朝はエリックのほうが大抵早くて

 

 

 

オーストラリアでの生活の時もまず起きてダイニング行ってすでにメシ食ってるエリックに「よっ」ってやるのが日課だったな

 

 

 

途中、下り坂でタイヤぶっ壊れたライダーズを助けたりライダー同士の交流もおもしろくて


本当に日本のような景色に心が和んだ

f:id:tepapepe:20190209154929j:image

 

 

エリックは今後地元でコーヒーショップ立ち上げるんだって。カナダワーホリも申請中なんだって。

 


まぁまぁ闇も抱えてるけどやりたいことをチャレンジしてるおっさんを応援するよ。ガンバレ!そしてめちゃめちゃありがとう!日本来やがれ!

f:id:tepapepe:20190209155301j:image

 

 

shot❸ ジェリー

 


エリックとのチャリ旅を終えた後、台北を飛ばして今度は新竹市でジェリーと合流。クマの苗栗市ともまぁまぁ近いから、これでほぼ台湾を1周した事になる。

 


ジェリーも、クマとエリックと同じオーストラリア生活時代に出会った友達。いい奴加減は相変わらず。

 


山際のマーケット通りの一角にうんこ博物館。台南にもうんこ焼きなんてのも見たけど、台湾ギャグ⁇

f:id:tepapepe:20190209155007j:image

 

 

海鮮市場の脇で休憩してると、仕事を終えた漁師が刺身で酒盛りを始めたかと思いきや、いきなり山で狩ったイノシシを解体しだすまさかの猟師違い。

f:id:tepapepe:20190209155121j:image

 


週一でのバスケの集まりに飛び入り参加。

なんでバスケってあんなゴール入らんのやろ

 

 

ご当地マーケットや海鮮市場、海沿いまでサイクリングにバスケの集まり、グルメポイントまでいろんな所に連れてってくれた。

 


ジェリーの兄貴もご両親もペットのヨウヨウも近所の人もみんな温かい人たちばかりで

 


チャイニーズニューイヤーはどの家庭も大抵親戚一同に会する、年に一番大きい家族行事。もちろんジェリー家もそうなので、さすがにその前には台北に戻ろうと思ってた。でもあまりにも快く招いてくれたから、ありがたくお邪魔させてもらうことにした。

 


初めて体験する中国の旧正月文化

 


ご先祖様にお祈りした後、たくさんのお母さん方が作った次々に運ばれる料理を、みんなで食べる。

f:id:tepapepe:20190209161701j:image

シニア側のテーブルにお呼ばれする

ウィスキーがストレートで運ばれる

 


数少ない日本語や英語を使って、何度も乾杯をして、精一杯もてなしてくれた。

 


いい感じに酔いがまわってきた頃合いで、テーブルが片付けられ、メインイベント(?)がはじまった

 


賭博である

 

 

 

 


普通の麻雀よりもずっとシンプルで、勝敗がすぐ決するので賭け金の流動がかなり激しい台湾式麻雀。なかでもこれは、この家系伝統的なものらしい。

f:id:tepapepe:20190209155635j:image

が、あくまでも楽しむのが目的なんだとか

 

ルールを少し理解できたとこで、ここでも参加させてもらった

 

 

 

 

昼の部と夜の部と分けてあるらしく、一旦帰ってシャワーを浴びてもう一度行くというスケジューリング。

 


またたくさんの料理が昼同様に出てきて、台湾の正月料理を堪能した後は夜通し麻雀やポーカーをするのが常だったみたい。だけど今年は参加人数が少なく、11時には帰路に着いた。

 


朝までと聞いて相当酔っ払う覚悟だったんだけどね

 


ジェリーは年に一度だけの親戚の集まりだし、名前が分かんない人もたくさんいたり、年配のおじさん達に気を遣わないといけないし、俺のケアとかもあっただろうし疲れたとこもあっただろうに。別に仲良いわけじゃないけど家族行事だし正月に集まって軽く気まずい~なんてそうゆう距離感やイベント要素も日本人と似てるもんがあるなぁ~と

 


結局4泊も家に泊めさせてくれて、正月一緒に過ごさせてもらって、だいぶ面白い体験させてもらいました。本当ありがとう

f:id:tepapepe:20190209160104j:image
挙げ句の果てにお父さんからお年玉までもらうなんてもう…

 

 

 

ジェリー、日本で絶対会おう。ワーホリで来る時を楽しみにしてるよ

 

 

 

 

 

 

 

shot❹ ルーカス 

 

やっと首都、台北にきた。楽しみにしてた台北

けど、なんだろうこの無気力感は


これはアレだ、バンコク現象と一緒だたぶん

 

すでに濃い思い出がいっぱい出来すぎて、この国お腹いっぱいってなっちゃったパターン。

 

旧正月連休中だからローカル店ほぼ閉まってるし観光客向けのとこは並ばないといけんし他の街より物価高いし

 


んーーっと思ってたらタイで仲良くなったムエタイやろやろ詐欺のフランス人ルーカスが台湾来るってことで

 


合流。

 

 

 


俺と別れた後でのプーケットのブンブントークやらそれからの日本でのブンブントークやら


一緒にいたイトコがバイクの飲酒運転で10万警察に取られた話とか


やっぱこいつはアホだ。楽しい

f:id:tepapepe:20190209160338j:image

 


ルーカスがアプリで出会った台湾人が親にお年玉で10,000台湾ドルもらったってんで、おいしいヌードルをご馳走になって

あざす!ごちそうさまでした‼︎

 

 

またどっかで会おルーカス

 

 

 

 


その夜、台湾最後の待ち合わせへ

 

shot❺ セフィー

 

 

 


セフィーはセブにいた時の友だちだから約2年ぶりの再会。その時の別の日本友だちが台湾旅行ん時にセフィーに会ってたり、こないだセフィーが日本に行った時、また飲み行ってたり、セブでの関係がまだまだ続いてて嬉しい

 


そんなセフィーが火鍋屋さんを予約しての大盤振る舞い

f:id:tepapepe:20190209160503j:image

豚から牛から海老からカニまで全部うますぎて、最高の台湾最後の晩餐

 


お互いの2年間の話は絶えず、どっかで飲むかーって雰囲気になった時に

 


セフィーの友だちが麻雀やろうって

 


行くっきゃない

 

 

 

 

迎え入れてくれたのはセフィーの友だち、リディアとタイバイ。この台湾人の「友だちの友だちは友だちだろ感」はいったいなんなんだろーか

 


みんなあったかすぎ

 


はじまったのはダイスゲーム

サイを4つ振って数の目の組み合わせで一番強かった人が勝つ単純なゲーム

f:id:tepapepe:20190209160627j:image

お母さんから娘さんまでみんなでワイワイ

勝っても負けても

めちゃめちゃ楽しかった

 


タイワニーズカルチャーはこれからだっつって

熱気冷めやまず台湾人の遊び場カラオケKTV

 

 

 

 


歌う

叫ぶ

ウィスキー

踊る

歌う

ウィスキー

 

 

 

 

吐くほど飲んだのはいつぶりだろーか

翌朝の二日酔いは夜まで及んだ

 

 

 

最後介抱させちゃってごめんなぁ

タイワニーズカルチャー恐るべし

 


ちょっと楽しすぎたよ

日本また来た時はジャパニーズカルチャーを押し付けてやるから覚悟しろや

 

 

 

 

 

 

 


こんなに遊ばせてくれたのに1ドルも受け取ってもらえず

台湾滞在18日間300USドルでお釣りが来るなんて思いもよらなかった

 

 

 

 

 

 

みんな、心の底からありがとう!!!

また会う日まで元気でな!!!

44ヶ国目 中国~地球散歩~

f:id:tepapepe:20190120231115j:image

f:id:tepapepe:20190120231134j:image

f:id:tepapepe:20190120231218j:image

 

 


中華中華中華中華ーーー!

中国はほんともうこれに尽きる

 

 

 


もともと"白いご飯に合う濃いおかず"ってゆうのがすごい好きでそれって要するに中華なわけで

 

 

やー幸せ

 

でもチンケな路上販売とか安いだけの屋台とかは当たりハズレがねぇーー意外にも。なんでもうめーに決まってんだろのノリでいったからちょっと残念

 

 

 

 

 

 


ラオスから入って、景洪、昆明、桂林(陽朔)、広州、香港と移動してきて思ったけど中国でけぇわ。移動距離えぐい10日間は足りんかったな。まーシーズンじゃないし寒かったからいいんだけどね

 


しかしまぁ見た目でわかる外人旅行者には本当全然会わなかったな。言葉も通じない他の旅行者もいない己のみ!って感じ懐かしくておもしろかった。ちょいちょい苦労したけど

 

 

 

 


中国入ってみて最初は本当いい意味で裏切られた

道路も街もめっちゃキレイで

 


景洪では街中にヤシの木なんて植えちゃって

f:id:tepapepe:20190120231522j:image


道端でどんなゲームだじじいども

f:id:tepapepe:20190120231556j:image

 

 

 

 

まーー声はでかくてまーーけたたましいし、おっさんは四六時中カーッ!ペッ‼︎ってタン吐き散らしてるけど

 


中国語がこちらに伝わらないなりに懸命に伝えようとしてくれるし親身になって色々教えてくれる

 


麻婆豆腐食べてたら激辛スパイスかけてくるおばさんとか。いつも持ち歩いてんだねぇ

 


早口で声でけーから今キレてんのかなと思ってたらニカっと笑ったり

 


中国人、出会う人出会う人千差万別、おもしろい

イラっとさせてくることももちろんあるけどね

 

 

あとキャッシュレスが進んでて便利だね

小さな食堂でもバーコードが貼られててスキャンするだけで決済完了!みたいな

 

 

 

 

 

 

そんななか、

昆明てビッグシティでは全てにおいてやる事なす事うまくいかなくてねー


朝着いて宿見つからなくてあきらめてアップルストア行って何も解決しなくてSIMカード買いに走って結局それ意味なくて母さんのLINEアカウントぶっ壊して挙げ句の果てには買った肉まんの中身が何も入ってなくて

 

 

 

つらかったなーあの日は

 

 


やけくそになってその日のうちに桂林に移動しちゃった

f:id:tepapepe:20190120233533j:image

 

昆明や広州のような大都市で安さ優先で宿探すとねーマンションやアパートの一室とかの場合があんのよね。看板も無しに。わかるかい、と

 

 


とは逆に景洪や桂林の宿は300円代なのにオートロックやら超キレイだし

一番驚いたのは陽朔の宿のベッドに電気カーペットが敷かれてたこと!あれは感動した。過去最高のコスパだと思うなー

 

 

 

 


そんな陽朔では中国で英語の先生をやってるイギリス人クリスと寒さに震えながらバイクを走らせ落ちてるオレンジ食べながら山を登り酒を飲みながらコイを食べ

f:id:tepapepe:20190120232009j:image

f:id:tepapepe:20190120232026j:image

壮大な中国の自然

古き良き街並み

f:id:tepapepe:20190120232137j:image

 

 

 

 

 

 

 

そしてその後広州で

 

 

 

 

 

 

 

 


タオル×2

シャツ×1

くつ下×2

パンツ×1


を失う

 

 

 

いやヒドいんだよ前日屋上に干しといてアウト日朝9時ごろ行ったら鍵かかってて屋上出れなくてさ

 


スタッフどこにもいないし電話しても出ないし

 

 


電車予約してたから諦めて出たらレセプションは10時なんだ~みたいにのちのち連絡きて

 

 


んーじゃそりゃ‼︎

 

 


まーこっちもアウト時払うはずの800円払ってないんだけどね。痛み分けかコレは

 

 

 

 

 

 

 

 

中国出国スタンプもらってラストは香港

 

 

 

 


相変わらずメシうまいけど都会!高い!貧乏旅行者の来るとこじゃない!安宿2,000円むり!

 

 

 

 


"香港 野宿"で調べたらいるわやっぱ同じこと考えたやつ

 

 

 

 

f:id:tepapepe:20190120232456j:image
せっかくだしの100万ドルの夜景とやらを見た後、24時間空いてるショッピングモールが快適らしく行ってみたら深夜1時半で締め出されマック難民

 

 

 


なんだここは息が詰まりそうだ

ビーサンで歩くやつ他にいないのか

 

 

 

 

 

 

ちょくちょく集団で歩道橋に座るヒジャブをまとった女たちや、大きなスペースにダンボールで陣を取る東南アジア系の女たちを見かけた

f:id:tepapepe:20190120232602j:image

中国には難民を様々受け入れてきた背景があるが

家賃が死ぬほど高いからホームレスとなってるその人たちなのか

 


ただ出稼ぎに来たはいいものの稼ぐ流れをつかめず苦戦している人たちなのか

 

 

マーケットの準備には見えなかった

 

 


煌びやかな夜景キャンキャンな香港の影の部分なのかな

 

 

 

 


とか振り返りながら今日は空港泊

たまに思うんだ30歳でやることか?ってね

 

 

 

あーこれ投稿した後に(あんな事もあったな書けばよかったー)ってなるパターンだ

 


まぁいいや

 


書き殴り中国日記おしまい

 

43ヶ国目 ラオス~地球散歩~

雨が降り息が白くなるベトナムハノイから逃げるように、31日の夜、ラオスに滑り込み入国

 

 

 

カウントダウン数時間前に、りなと再会する

 


エチオピアで出会ったこの子、年末年始の休暇でミャンマーを訪れ、ミャンマー年越し洗礼パンチを浴び続け意気消沈するも、もうラオス来ちゃえっつってラオス来ちゃうツワモノ。

 

 

 


小さな会場のステージの生ライブを横目に、炭火で炙られたスルメでビールをちびちび

f:id:tepapepe:20190110224732j:image

 

 

 

 

 

控えめなスクリーンに映し出される10カウントダウンにおれらは目を見合わせた

 

 

 

 

 

 

2人のiPhoneの時刻は23:56

 

 

 

あれ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


これまた控えめな花火がどんどーーん

ハッピーニューイヤー!

 

 

 

 


ま、いいか

そんなワカチコワカチコな年越し

 

 

 

 

 

 

 


ラオスってのはさー本当聞いてた通りで

自然豊かでメシも旨くて人ものんびーりしてて

 


いいとこだねー

f:id:tepapepe:20190110225055j:image

f:id:tepapepe:20190110225102j:image

 

 

このルアンパバーンて街、しっかり観光地化されてオシャレーなカフェとかレストランがたくさんあって。ちょっと郊外に目を向ければどこもかしこも民家でホームパーティー。昼からビールやら飲んでカラオケ大会は正月だからなのかいつもの事なのか。

 

 

 

のほほんのほほん楽しかったなー

2人でいるっていいね。特にメシはいろーんなの手当たり次第試していける。

f:id:tepapepe:20190110225242j:image

好きな具材をカゴに集めてそれで鍋にしてくれるやーつ。これが一番感動したな

 

 

 

 

 

 


りなが日本に戻ってガタガタぼっこぼこの山道を7時間かけ到着したバンビエン。

 

 

 

 

 

 

 


太陽ー!晴れー!30℃ー!

これだよこれこれこれー!待ってましたー!

 

 

 

 

 

 

 

タムチャン&ネイチャンの天真爛漫コンビと自転車で川へ滝へ洞窟へ

 


気持ちいいーー

アメリカンと

f:id:tepapepe:20190110230607j:image

 

 


洞窟にある祠でおみくじを引いてみる

宿の人に聞いてみたら、拙い英語でひとこと

「good」

なんだか良さそうだ

f:id:tepapepe:20190110230805j:image

 

 

 

 

田舎道に学校発見、敷地内で飲み物飲めそうな一角があったので入ってみる

 


3人でヤシの実を飲んでると、おばちゃん達が「まー食いねぇ!」と言わんばかりに(たぶん言った)おいしさ満点のヌードルを食べさせてくれた

 

 

 

 

しかも何回もおかわりさせてもらって

f:id:tepapepe:20190110230914j:image

これ絶対子どもらに作ってたんでしょーよなんなのおばちゃん最強?優しすぎだよ

 


あーなにかの間違いで学生時代にラオス語マスターしてあったらよかったのに

 

 

 

 

 

 

 

 

去り際に校門から出ようとしたら教室からたくさん子どもたちが興味半分不安半分の顔でこっちを見てきた

 

 

 


手を振り終えてもじーっと様子を伺う子たち

わんばく系男子がじりじり距離を詰めようとしてきてる

 

 

 

 

 

 

先にシビレを切らしたのはこっち

子どもたちに向かって走り出す

 


叫びながら逃げる元気ハツラツ育ち盛り

 


そっからはもうお祭り騒ぎ

 

 

 


味をしめて何度もハイタッチを繰り返すお調子者

握手ダマシを仕掛けてくるわんぱく小僧

それを見ながらもじもじしてる女の子

輪の外にいる俯きがきな少年

こちらに興味なさそうにぼーっとしてる小太り

f:id:tepapepe:20190110231224j:image

みんなでっかくなれい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


タムチャンが一足先に去ったその日の夜、ギターを背負ったネイチャンと街歩き

 

 

 

川だって滝だって山奥でのキャンプだってほぼ裸で楽しめちゃう生粋のナチュラリスト。自然をこよなく愛するネイチャーガール。

 


今まで聞いたことのないような、新鮮で刺激的な話をいろいろしてくれた

 

 

 

 

 

誰もいない川辺に座って聴く彼女のギターと唄声は、なんていうかとても透き通っていてやさしくて

 

 

 

 

ポツリポツリと夜空に浮かぶランタンと相まったその雰囲気は神秘的に感じた

 

 

 

 


ぜいたくなひと時

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そして携帯がなくなった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうわけがわからない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネイチャンと合流してケータイをバックに確実にしまって散歩して川辺で座って帰っただけの3時間でなんで失くなるの

 

 

 

 

 

 

 


深夜も明け方も考えうるすべての場所をひたすら探した

 


皮肉にもその時の朝焼けが恐ろしく綺麗で

 


でも次の日もその次の日も

 

 

 

結局見つからなかった

 

 

 

 

 

 

タイで一度落とした危なかった事があったばっかなのに

父さんから旅慣れた今改めて気を引き締めてと言われたばっかなのに

 

 

 

なんで

 


どうして

 


惨め

 


哀れ

 


愚か

 

 

 

もう日本帰ろうかな

 

 

 

本気で考えた

 

 

 

こんなに穏やかで心地よい国でっていうのがより一層自暴自棄を加速させた

 


宿のスタッフ「何があったんだ?聞いたことない」

 

 

 

 


なんで

どうして

 


が止まらない

 

 

 

 

 


止めるには次の一歩を踏み出すしかなかった

 

まず2人オススメのレモングラスのサウナ行って

身体中の悪いもん流したろ思って

 

めちゃめちゃ気持ちよかった

 

 

 

 

 

 

新しく買うっきゃない
バンビエンで一度買ったが粗悪なため返品し、片道4時間かけて首都ビエンチャンまで買いに行った

 

 

 


失くしたものよりグレードの高いものを選んだ

そうしないと旅中ずっと失望が消えない気がしたから

 

 

 

 

いろいろと協力してくれた宿の人。迷って警察署の場所を聞いただけなのにバイクで送ってくれた人。何も言わずに新品の携帯にカバーとシールを貼って付けてなおかつバス停まで送ってくれた店員さん。

 


たとえ誰かが盗ったとしてもラオスを嫌いになんてならない

 

 

 

 


電池消耗死ぬほど早いし

残り20%でたまにシャットダウンするし

Wi-Fiたまに強制終了するし

16GBだし

そんなオンボロからようやく代えれたんだ!

 


それをメルカリで売ったとしてももっと安く新しいの買えたんだ!

 


カメラも良くなったしデジカメ買ったようなもんだ!

 

 

 

とかむりくりポジティブに考えてけ

 

 

 

これすら失ったらおれはもう宇宙にでも行くか

 

 

 

 

 

ルアンパバーンを経由しさらに北上ルアンナムターへそんな事をムダに考えながら1泊だけしにやってきた

 

 

 

とくにトレッキングやカヤックツアーにも参加せずただただ散歩。太陽がでてるだけでどうしてこんな気持ちいいんだろー

f:id:tepapepe:20190110232629j:image

 


小さな集落のある民家で、まさに牛が丸焼きにされ、解体作業を目の当たりにした

f:id:tepapepe:20190110232020j:image

 


よくわかんないけど、祭りでもイベントでもなんでもなくて、ただ長い間の役目を終えた牛を最後に親戚一同集まって食べるんだとか

 


文化だ

 

 

 

プチビーガンのネイチャンはこうゆうの見たらどう思うんだろうな

 

 

 

おれはそうだな、いただきますとごちそうさまを改めてきちんと言うようにしよう

 

 

 

 



かたちあるものいつかこわれる

いのちあるものいつかきえゆく

 

合掌

 

今年ももう少し、旅にお付き合いください